”たましい”をゆさぶる子どもの本の世界 Index

隔月発行の絵本情報紙「絵本フォーラム」に掲載された飫肥 糺(おび ただす)さんのコラム「”たましい”をゆさぶる子どもの本の世界」の一覧です。

2019年07月以前のアーカイブスもココから過去の記事まで閲覧できます(PC版)

NOW 連載123 『葉っぱのフレディ—―いのちの旅――』
生きること・死ぬことをみんなで考える 示唆に富む絵本(童話屋)

 数量では測れない重さがある。喜怒哀楽の感情などがそうで、最も尊重されなければならないのが「いのち」の重さだろう。コロナ禍の一年、そんな人命の重さが軽く扱われていないか。死者や感染者数の多少で他国や他地域と較べて優劣を語る風潮はどうにも不遜に思えて気分が滅入る。

葉っぱのフレディ
葉っぱのフレディ

 師走も半ば。新型コロナ感染の波は止まらない。連日のように過去最多という各都道府県の感染状況が報道される。「これからの3週間が勝負だ」と担当相が拳をふりあげる。首相は「いのちと暮らしをしっかりと守る」とボソッとつぶやく。つまりは自主的行動変容を求める精神論……。一方で自ら仕掛けた旅行・飲食を煽るGO TOキャンペーンは続行というのだから矛盾だらけだ。続行を固執する背景は奈辺にあるやだ。かくして感染拡大はつづく。医療従事者は極度に疲弊し医療体制は逼迫、崩壊の瀬戸際にある自治体も出てきた。

・・・つづく

”たましい”をゆさぶる子どもの本の世界 アーカイブス