”たましい”をゆさぶる子どもの本の世界 Index

隔月発行の絵本情報紙「絵本フォーラム」に掲載された飫肥 糺(おび ただす)さんのコラム「”たましい”をゆさぶる子どもの本の世界」の一覧です。

2019年07月以前のアーカイブスもココから過去の記事まで閲覧できます(PC版)

刻一刻と、時を刻む。短針・長針の役割を明快な画面展開にのせてガイドする

NOW 119回 とけいのほん①

近年めっきり夜の眠りが浅くなった。そのぶん昼にうつらうつらとするのだから厄介である。寝つきの悪いのに9時半には寝床に就くぼくは、夜半の11時から早朝5時まで名高い「ラジオ深夜便」を流し聴く。時(とき)の長さ六時間。5時に起床すると、ぼくは散歩の準備に入る。寝入ったり目覚めたりをくりかえす六時間、当然だが眠りは浅い。

「深夜便」は、学術・芸術の碩学や社会・生活文化における優れた実践者たちの語り、なつかしい音曲・歌謡など広いコンテンツにする。いい番組だと好みにしている。六時間を六等分する編集構成は、区切りの時報ごとニュースを5分間報じる。

このところニュースの大半は新型コロナウイルスの感染情報である。WHOはパンデミックを宣言、日本政府も特措法に由る緊急事態宣言を発して世界中が混乱の極み。中国で昨年12月末に発生したウイルスは瞬く間にグローバル世界を襲った。193か国を覆いつくし三か月半で210万人以上に感染させ、14万人以上の命をうばった。

・・・つづく

”たましい”をゆさぶる子どもの本の世界 アーカイブス