事務局紹介

事務局紹介

理事紹介

理事長

理事長 森 ゆり子 (もり・ゆりこ) 
 
『心を育てる絵本』  
 昔は当たり前のように行われていた親子の心の交流が、現代社会において失われつつあるように思われます。 子どもたちの心を育てるのは、決して「モノ」ではありません。心を育てられるのは“こころ”だけなのです。 私たちは、そんなお母さん方に絵本を使った子育てをお勧めしています。毎日、たとえ一冊でも、たとえ数分でも、お膝で絵本を読んであげることによって、自然と親と子が肌を触れ合わせ、心を通わせる時間が生まれてきます。  親に向かって子どもたちが懸命に伸ばしてくる手が、本当に求めているのは「何か」ということを、若いお母さん、お父さんの心に訪ねるのが、私たち絵本講師の役目なのです。

理事

副理事長
絵本講師の会 (はばたきの会)副会長
大長 咲子


『つなげたい 愛の体験 』 
 昔読んでもらった絵本を開くと、たちまち立ちのぼる優しい思い出。それは読んでもらった人の優しい声や肌のあたたかさ、夕暮れに染まった部屋の色、暖か いお布団の感触。はたまた、埃っぽい学校の教室のにおいまで。子どもの頃は何気なく読んでもらっていた絵本から、大人になった私は、たくさんの人から愛さ れて育ったのだということを感じ取ることができるのです。こんな絵本体験をずっと繋げていきたいと思っています。(だいちょう・さきこ)
池田 加津子
理事
絵本講師の会 (はばたきの会)副会長
池田 加津子
 

顔が笑えば、声も笑う 』 
 人と人との関係が希薄になっている社会。子どもをとりまく環境は厳しいものになっています。 絵本は人と人、子どもと親をつなぎます。そして、絵本を読む親の温もりのある声は子どもの人生を支えていく力になります。 絵本には、素晴らしい言葉があふれています。言葉には、味も香りも温度もあります。それを生の声で伝えたいですね。 顔が笑えば、声も笑います。子どもと一緒に、大人も絵本を楽しみましょう。 (いけだ・かずこ)
舛谷 裕子
理事
舛谷 裕子 (ますたに・ゆうこ)  

『絵本があってよかった 』
  
子どもは身近な大人のたっぷりの愛を受けなければいけないと思っています。たっぷりの愛を受けた子どもは、どの子ものびやかに育っています。反面、子どもにどうやって愛を伝えたらいいのか戸惑っている大人もおられます。 核家族が当たり前になっている昨今。孤軍奮闘の子育て中に「この絵本で私は救われました」といわれる方に時々、出会います。そんな時、「絵本があってよかった」と思います。たかが絵本…されど絵本なのです。 

顧問紹介

顧問

藤井 勇市
顧問 専任講師
藤井 勇市 (ふじい・ゆういち) 

『絵本とは、人間と人間を繋ぐもの 』

  絵本とは、いわゆる本の形をしたものだけをいうのではありません。育った村の風のそよぎ、木々のゆらぎ、雲の流れ、おばあちゃんのあたたかなお話、おふくろの忙しく立ち働く姿、それらすべてが私にとってのえほんです。 そういうものが人間と人間をつなぐ「絵本」ではないでしょうか。そういうたくさんのものを心と身体全体で吸収して、子どもたちが本当の意味での「」大人」に育っていくのです。
ページトップへ