絵本講師養成講座を2005年度に修了された絵本講師をご紹介しています。(順不同)

2005年度絵本講師 (芦屋・東京02期)

 

このページのトップへ

0502-003
岡部 雅子
(おかべ・まさこ)

東京都武蔵野市

 子どもへの溢れる思いを言葉にして伝えるのは、普段の生活の中では照れくさいですよね。そんな時、私は絵本の力を借りています。
一冊読んだ後には「大好きよ」と素直に言えちゃうから不思議です。子育てって、つまり愛を伝えること。そう気付いたら、肩の力が抜けました。
親子一緒に絵本を読んで、一緒に何かを感じた分、親子の絆は深まるはず。そう信じて、私は絵本を読み続けます。皆さんも、絵本からの素晴らしい贈り物を受け取ってみませんか。

 

0502-310
北 素子
(きた・もとこ)

神奈川県川崎市

 2才の子を持つ1児の母親として、「絵本で子育て」を実践しながら、その意義を実感しています。
絵本は子どもに読ませるものでなく、大人が読みきかせてあげるものです。読みきかせのかけがえない時間や空間は、子どもの心を育み、親子の絆を深くしてくれます。
豊かな心を持つ子どもで溢れる社会を目指し、絵本の楽しさや、読みきかせの大切さをお伝えしていきたいと思っています。

 

0502-013
中村 利奈
(なかむら・りな)

埼玉県さいたま市

 2歳の子を持つ母親です。子育てをしていると“絵本の読み聞かせがいい”という話をよく耳にしますが、「何がどういいの?」「どんな絵本を読んであげたらいいの?」そんな素朴な疑問はなかなか解決しませんでした。そして詳しく学んでみたところ…目から鱗の驚きがいっぱい、実に現代の子育てになくてはならないものでした。同じ子育て中の皆さんにも、ぜひこの驚きと素晴らしさをお伝えしたい、そして親子で楽しい時間を過ごしてほしい、そんな思いでいっぱいです。

 

0502-068
池田 加津子
(いけだ・かずこ)

京都府木津川市

 私たちが何げなく使っている「ことば」に魅せられ、現在コミュニティーFMにてパーソナリティー、ラジオ小説の朗読、また「朗読ボランティア」を通して、地域のお母様、お子さんと一緒に「ことば」の大切さを次の世代に伝える活動をしています。絵本の中には、素晴らしい「ことば」があふれています。相手の立場を考え、相手を思いやりながら、自分なりのことばで、自分の思いを口にすることができたら、きっとそのことばは、人の心に届くはずです。ことばは、生き物です。 絵本で子育てしてみませんか。

0502-301
山中 光江
(やまなか・みつえ)

茨城県つくば市

0502-325
鈴木 哲子
(すずき・てつこ)

山形県尾花沢市

0502-330
波賀 稔
(はが・みのる)

東京都練馬区

0502-075
藤川 清恵
(ふじかわ・きよえ)

大阪府池田市